私たちも推薦します

しろあり対策を本気で考えているのなら、是非一読をお勧めする。

arakaki

組合法人
沖縄県しろあり防除事業協同組合事務局長

新垣博之氏


よく「業界内の常識は、世間の非常識」というが、この本に書いてある事は、別段、特別な事を書いているわけではない。まさしく、しろあり業界では当たり前の事なのだ。

九州で、繁殖するイエしろありという種類のしろありは、木材の加害スピードが激しく九州のしろあり業者も頭を悩ましている事だろう。

各しろあり業者も、多かれ少なかれしろありの再発事故は経験している事だと思うが、それは、自社の信用に関わる事だろうから、隠すのは当然の行動だ。

そういったしろあり業界の状況下で、あえて自らの失敗談をあからさまに公開し、消費者に警鐘を鳴らした功績は賞賛に値する。勇気のいる行動だ。もしあなたがしろあり対策を本気で考えているのなら、是非一読をお薦めする。


 

読者の期待を裏切らないだろう

hiraisan2

社団法人
日本しろあり対策協会 役員

組合法人
沖縄県しろあり防除事業協同組合 理事

平井祐昌氏


これから沖縄でしろあり工事を行うと考えている方に非常に役に立つ一冊です。

しろありに関する類書はあるが、そのほとんどは難解的なもので、読者を七面倒に陥れるものが多かった。本書の特色はそうした部分が一切なく、しろあり工事を行う消費者の視点で、その立場にたってかかれている点、最後まで一気に読める点がすばらしい。

しろあり工事はほとんどの人が頭を悩ます大仕事ですが、実際に実行に移す場合には「何から手を付けたらよいのか?わからない」のが本音。この本はそうゆう方への導入書として非常に参考になります。

この本は、実際に現役の沖縄県で活躍している、しろあり業者が恐ろしいほど正直に今までの自社の失敗談を赤裸々に公開している事で、一層説得力が増す。また後半の各々の実例のしろあり工事での成功内容はきっと読者の方の期待を裏切らないだろう。

これからしろあり工事をしようとしているあなたに間違いなく役に立ちますよ。

 

まさしく、この本のとおりです。

tamorisan2

社団法人
沖縄県しろあり防除業協会 理事

太司 和也氏


私は、2代目のしろあり工事会社の経営者です。

親からこの会社を引き受けて数年間は、しろありの習性と言うか生命力というかそう言った事を甘く考えていました。今でも毎回しろありとの戦いで、試行錯誤しています。

まさしく、この本のとおりです。

岸本氏がしろありの本を出版したのは聞いていたが、内容を読んでこれだけ自分の失敗を暴露していとは、正直ビックリした。

業者間でも、自社のしろありの再発事故は隠すのに…。

そんな事を言ってしまえば「しろあり工事の技術」を疑られてしまう。

今でこそ、岸本氏は新工法のアドバイザーとしての地位があるが、私は、著者の岸本氏を応援したいです。

しろあり業界の言いたかった以上の事を言ってくれたからです。ありがとう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ